包茎手術は理由づけすることで受診への勇気がでます

悩みも色々包茎手術の理由を紹介

僕が包茎手術を決断した理由とは

それまで僕は包茎なんて放っておいても大丈夫だって思っていました。だからと言って別に何があるわけでもないと思っていたのです。 ですが、ある日いろんなことを知ったことにより包茎手術を受けることを決めたのです。それでは、どうしてそのようになったのかについて理由の紹介をしていきます。

病気になる: 正直言ってこれは恥ずかしい話ですが全く知りませんでした。包茎の人というのは、ペニスに常時汚れが溜まっているものであり、その汚れによって何かと病気になってしまうリスクがあるというのです。 かかる可能性のある病気を見てみると、その中には陰茎ガンというものがありました。単に包茎というだけでガンになってしまう可能性があるということで、ものすごく恐ろしい気持ちになりました。これは大きな理由と言えます。

相手に迷惑をかける可能性も: これもかなり気になったところです。自分だけならまだしも包茎であることで相手に迷惑をかける可能性があるということでした。女性とは必ずエッチをするものですが、それによって性病にさせてしまうかもしれないということでした。雑菌が溜まってしまったペニスを使ったらそうなってしまうかもしれないことは容易に想像ができますが、さすがにこれではまずいということが理解できた瞬間でもありました。

最悪機能しなくなることも: これは包茎の種類にもよりますが、特にカントン包茎と呼ばれるものの場合に起こりうるもののようでした。勃起によってペニスが締めつけられてしまうことが原因で最悪の場合壊死してしまうということが分かりました。 ペニスが壊死してしまうと言うことは、男性としての機能が完全に失われてしまうことになります。それはさすがにヤバいということもありました。幸いカントン包茎ではありませんでしたが、こういうことを調べて理解してしまうとさすがに心配になってしまうところがあるのです。

こうしたことを知ったことによって、僕は包茎手術の専門クリニックで包茎の手術をしようと決めました。正直言って、これを知らなかったらそのまま放置していたと思います。ただ、それを知らないでいて病気になってしまっても悔やまれたでしょうし、何か起こる前に知ることができて良かったと思っています。 最近包茎の手術が終わったところなのですが、正直違和感はあります。それまで皮をかぶっていたわけですから、刺激もありますし。ただ、本当に清々しい気分ではあります。包茎手術を受けることを決断したのは大きな正解だったと思っています。